日本のラーメンの歴史日本のラーメンの歴史における

ラーメンの歴史日本におけるラーメンの歴史

ラーメンは、全国にさまざまなショップがあり、多くの日本人の間でよく知られている料理です。 旧名「中華そば」が示すように、当初は中国から輸入され、1900年代初頭に人気が高まりました。これは、中国人が横浜、神戸、長崎などのさまざまな地域に定住したために可能になりました。ラーメンの豊かな歴史をここで解き明かす:

日中戦争後の人気日中戦争

後、中国から帰国した日本軍が料理に新たな評価を与えたため、国内でのラーメンの人気は急上昇しました。 。当時、日本人はラーメンを「ドラゴンヌードル」と呼んでいました。これは、ドラゴン(または中国人)が麺を食べることを意味します。

「ラーメン」という言葉が登場したのは大正時代のことでした。歴史家によると、初登場は1918年の横浜でした。それ以来、ラーメンは東京中で注目を集めています。 

初期のラーメン屋の1つは、東京の浅草にあるライライでした。この店は、カツオと昆布のスープに豚肉や鶏の骨のスープを混ぜた伝統的な和風スープを始めました。このバリエーションは、東京風醤油ラーメンと呼ばれていました。時が経つにつれ、ラーメンは多くの日本人にとって定番となり、日本を訪れる外国人にとっては必見となった。

ラーメンの起源に関する3つの神話は、

形、形、サイズがさまざまであるにもかかわらず、世界中の多くの文化にとって興味深い意味を持っています。たとえば、中国は歴史的な言及から、麺を長寿命麺と呼んでいます。一方、日本の特製麺料理「ラーメン」も多くの地元の人々にとって重要な価値を持っていました。その起源は謎の雲ですが、ジョージ・ソルトのような多くの歴史家は、その起源の神話をより深く掘り下げようとしました。

最初の神話

「ラーメンの秘められた歴史:日本の政治危機が世界的な食糧狂を引き起こした方法」と題されたソルトの本で言及された最初の神話は、ShuShunsuiという中国の学者に関するものでした。彼はラーメンレシピを日本に持ち込んだ人だと言われていました。 

当時、彼は明政府の中国人難民であり、藩主徳川光圭の顧問を務めるようになりました。歴史的な記録によると、春水はうどんの味を良くするために何を加えるかを主に言いました。この料理は、史上初のラーメンと噂されていました。

2番目の神話

次の神話は、日本が外の世界に港を開いたときの出来事に関連していました。国の港は中国人旅行者を魅了したので、ラーマインと呼ばれる中国のヌードルスープが日本に持ち込まれました。今日見られるラーメン料理の前身となる可能性があります。現在のバリエーションとは異なり、トッピングはなく、それ自体は食事とは見なされませんでした。

3

番目の神話3番目の神話は、1900年代に東京のライライケンという店に関連していました。彼らは中国人労働者を雇い、そばそばと呼ばれる麺料理を出しました。豚肉のロースト、さつま揚げ、海苔など、現代風の具材を一皿に盛り込んだ一品。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Theme: Overlay by Kaira Extra Text
Copyright ©2021 menya-amanojyaku All Rights Reserved.